タグ:Linux ( 30 ) タグの人気記事

 

リリースラッシュって訳でもなくなっちゃった

FC6は24日になんとかリリースする模様。まぁでも出てすぐはnVidiaのドライバが用意されていない気がするのでしばらく待ってからアップグレードしようかな。
で、Vineは10月中の予定から11月に引き延ばされちゃった。まぁβ4までリリースされて、特に問題が起きなければ次にRCがリリースされて正式版、ということで11月にずれ込むのも納得。日本語環境というか、日本向けにカスタムされている老舗なので注目。ただ、最近はUbuntu-jaなんかも気になってたり。向こうも結構評判いいからなぁ。今度試してみよう。
で、年明けにはVista・・・だけれど、Vistaはさすがにスルーかなぁ・・・。入れてもいいけど入れるだけで使うことはなさそう。アプリケーションがある程度Vistaに対応してきたら乗り換えよう。

ところで、x86_64って実行速度上がるモノなのかな? そろそろFedoraは64bit向けのアプリケーションも揃ってきたし、実行速度やら実行効率が上がるよ~というなら乗り換えてもいいのだけれど・・・、一体どうなんだろ? 32bitから64bitへのアップグレードなんてできるのかしら・・・? やっぱし別環境用意した方がいいかな? まぁマルチメディア系統とhomeディレクトリはパーティションを分けてあるし、システム系統だけをごそっと移行したら済む話だからバックアップしておくべきファイルはさほど多くはないのだけれど。MySQLのデータベースくらいか。案外64bit用カーネルを突っ込んで、それで起動したら簡単にアップグレードできたりして。
ま、時間があるときに実験してみよう(ぉ
[PR]

  by code_air_edge | 2006-10-22 22:41 | Linux関連

リリースラッシュ

今日だと思っていたFC6のリリース日は17日だったようですが、今月はリリースラッシュ! FC6、VineLinux4.0、ついでに(?)Vista RC2。いやーインストール三昧ですな(ぇ
Vineは多分VMwarePlayer内で飼うことになるかとは思いますが、完成度は結構高そう。なんと言ってもフォントが綺麗になっているよう。M+フォントとさざなみのVine独自改良版。M+フォントはひらがなだけですが非常に高品質ですし、さざなみもいい具合に改良されてますね。できたらM++IPAフォントを入れていただきたいところですが・・・、ライセンスポリシーの問題で難しいでしょうねぇ。とりあえずTeX用マシンとして用意しておこう。
FC6はどんな新機能があるかはまだ見ていませんが・・・、そこまで目新しいモノでもないでしょう、きっと(ぉ Vineは久々のメジャーアップデートですがFCはリリースが頻繁ですしねぇ。とりあえずTeX環境をまともにしてくれw
VistaはRC2ともなったのでそろそろアプリを本格的にテストしてみようかなと思います。まー結果はさんざんたるモノになりそうですが(苦笑)
さて、今週から来週に掛けてインストールラッシュだー^^
[PR]

  by code_air_edge | 2006-10-11 12:13 | Linux関連

ありゃ? アンチエイリアスが切れてる・・・?

この間、KDEをアップグレードした後くらいでしょうか、どうもフォントのアンチエイリアスが切れてしまっているらしいのですよね・・・。しかも一部のフォントのみ^^;
SansやMonospaceなどのフォントはアンチエイリアスがしっかり掛かって見やすいのですが、IPAモナーフォントやIPAフォント、さざなみフォントもアンチエイリアスが切れてしまっている始末。
まぁ文字化けを起こしている訳でもなく、とーふになっちゃっているわけでもないので使用上問題がある訳でもないのですが、なんかキモチワルイ(苦笑) はて、KDEのアンチエイリアスに関する設定項目に変更でもあったのかしら・・・?
ず〜〜〜〜〜〜っと前にアンチエイリアスに関する設定を追加した記憶はあるのだけれど、かれこれ数年前に一度やったっきりの作業なのでさすがに覚えて居らず・・・;; というかその追加した設定も小さいフォントのアンチエイリアスが無効になってしまうのでそれを回避するというような内容だったはずなので今回の事象とはあまり関係がない気もしますし・・・。
とりあえず分からないことだらけではあるのですが、実害はないのでそのまま使っていこうかなとは思います・・・。なんか微妙な感じではありますが^^;
フォントって結構大事やなぁ。
[PR]

  by code_air_edge | 2006-08-27 17:54 | Linux関連

不在メッセージの事だったのね

MSNメッセンジャーって、今聴いている音楽を表示させたり、一言コメントを表示する機能がありますよね。Linuxで使えるメッセンジャー互換ツールではその機能を表示させることも見ることもできないやろうな〜と思い込んでいたんですが、最近表示させることも見ることもできることに気付きました。
とりあえず確認できたのはKopete。ふとコンタクトリストを見ると友人が聴いている音楽情報とか設定しているコメントが表示されてるじゃないですか! どのバージョンから対応したのかはよくわかりませんがいつの間にか対応してたみたいですねぇ。
こちらから表示する方法についてはよく分かりませんが、amaroKのスクリプトを経由したら聴いている曲名は相手に見えているようです。どうやらこれは”不在メッセージ”という扱いらしく、それを設定したら一言コメントが見えるようです。不在メッセージ野設定はGaimでも出来たと思うので、結構前から対応してたのかも。
まぁ気にしない人も多いかもしれませんが私は割とそこ満てるので表示されるのは嬉しい限り。LiveMessengerに追加されている多くの機能は利用できないかもしれないですが、Kopeteは手書きメッセージを受信できたりしますし、そのうちホワイトボードに対応してくれないかな〜と期待。せめて手書きめっセージを送信出来たらなぁとは思う。
とはいえこれだけの機能が提供されてるんだから文句は言えないか^^; 私もなんか作ってみたいなぁ・・・。
知識がとても追い付かないが^^;
[PR]

  by code_air_edge | 2006-08-06 17:43 | Linux関連

パーティション整理しました

とりあえず今共有パーティションに置いてあるmp3ファイルをごっそり移動しまして、そこにLinux領域からOggとFLACの楽曲をどかっと移動しまして整理完了。合計で14GB程度の大移動となりました^^;
で、Linuxの方では元々Oggで聞いていたので何の問題も起きるはずもなく移動完了。Windowsの方でもプレイヤーで特に何のトラブルもなく再生可能ですしID3Tagも表示されてます。
で、Windows側のプレイヤーですが、どれにしようかと悩んだ結果とりあえずfoobar2000にしようかと。Winampよりも見た目が気に入ったからw 後はプレイリストやらなんやらの管理に独自のデータベースを使ってて読み込みが高速ってのも惹かれたところかなぁ。互換性は失われるけれどプレイヤーを統一してるならどうということはないし。
デメリットはカスタマイズ性高すぎてとてもじゃないが把握できないところくらいか^^; まぁこだわらなければ気にならないことではあるし、いいかな、うん。
あぁあとmixiミュージックは送信できなくなるけど、あれあんまり活用してないからいいか、うんw
Windows側のプレイヤーも決まり、これでリッピング回数が2回で済みます^^ mp3プレイヤーをOgg対応のものに変えれば1回で済むんですがね・・・。まぁそれはお金に余裕が出来たときに考えましょう。
さ、次はどこを整理しようかな~♪
[PR]

  by code_air_edge | 2006-07-30 21:37 | その他諸々

すげぇなぁ・・・

7月版 新ファイルシステム「ext4」開発開始か
はっきり言って内容はほとんどちんぷんかんぷんなんですけれどね^^; こういうのを見てると結構楽しいんですよ。なるほどカーネル開発の最先端ってことで。意外とシステムコールにもバグが入り込んでるんだなーとか、新しい機能を盛り込むことに依る過去の遺産との兼ね合いの難しさとか。ほんと、OSの核となる部分ですから実にハードウェアより。というか新しく実装されたCPU命令に対するコマンドを実装って、CPUの仕様書を読んでるのか!すっげーなぁ!って感心しきり。 英語だってこともあるんですが読んでみてもさっぱりだったんですよねぇ。新たに追加された機能についての言及があるわけですが、
「で、これによって何がどういう風にお得になるんだろう・・・」
ってことが理解できないんですよねぇ^^; 知識不足も大いにあるんですけれど。でも分からないなら分からないなりにこういうコラムは読んでて楽しいです。世の中にはすげーハッカーがいてその人達の努力によってLinuxとかフリーウェア、ドライバが作られてるんやなーと。願わくば自分もその一員となってみたいという思いはありますけれど、いやはや知識も能力も足りてませんな^^;
トップクラスの技術者の方々はどうやって知識を得たのかなぁ。私と同年代かそれより若い世代がたくさんいろんなソフトウェアを開発してたりしますけれど、Blogや雑誌のコラムを見ても「独学です」なんて書いてらっしゃるし。独学でもとてもじゃないが追いつかんよーw やっぱ注いでる時間が違うんだろうなぁ・・・。
いろんな言語はかじっているけれどまともに開発する能力がまだないんだよなぁ。そろそろ言語を色々と触るんじゃなくてアルゴリズムに注目していかないといけないか。夏休みのうちに色々とまた手を出していきましょうかねぇ・・・。
と、いつも思うけれどなかなかできないのよね^^; 頑張りたい!
[PR]

  by code_air_edge | 2006-07-24 22:43 | Linux関連

あれ、そういえば・・・

昨日試験勉強をしつつ、友人に質問を投げかけようと思ってKopeteを起動したんですよ。GaimじゃなくてKopeteにした理由は手書き文字が送信できると思ったから。が、実際には手書き文字が受信はできるけれど送信はできなかったんですよねぇ、残念。
で、そういえばちょっと前にKopeteで接続しようとしたら接続できなかったんですよ。えぇ、なぜか。それが今回何の問題もなく接続できていたのでちょっとびっくり。まぁ割とよくあることではあるんですが^^; トラブルの原因はよく分かりませんが問題なく繋がっているのでよしとしましょうか。
で、結局手書き文字が送信できないと言うことでWindowsに切り替えて送信しようとしたんですが、手書き文字入力のタブが開けない!!!
「この機能を有効にするには必要なコンポーネントをインストールするか更新する必要があります」
っていうダイアログとOK、ヘルプボタンのみ。何のコンポーネント化分からないので当然ヘルプボタンを押すわけですが、出てきたヘルプは手書き文字入力への切り替え方法のみ。肝心のコンポーネントに関する記述はゼロ。
どないやねん、これやからM$はキライなんじゃー!!!とかふて腐れつつそーいやなんかインストールしてなかったら使えへんかったよなーと調べてみると、どうもWindows Journalビューアとかいうアプリが必要だった模様。以前は手書き入力できていたことから類推するに、てけとーなタイミングでいらないと判断して削除してしまっていたらしい^^; いつ削除したかは全く思い出せませんでしたが(ぁ
で、インストールすべきコンポーネントが分かったので次はDLするところを探すわけですが、まず最初に見つかったDL場所はWindows Update。とりあえずUpdateサイトへ行って、カスタムを選択してもそこにビューアがない!!! ねーじゃん!!! って思いながらMicrosoftのサイト内検索を使うとようやくおでまし。で、DLしてインストールして無事手書き入力ができるようになりました。
つーか手書き入力をしたいというそれだけのために随分遠回りをした気がする・・・。普段あんまり使わない機能だけにいざ使いたいときに使えないとすっごく困りますね^^; つーか他のアプリに依存してるなら削除の時に警告してくれOrz 多分警告はまったくなしで削除したんじゃないかなぁ。警告されてたら削除は中止してるし。
ちょっとした意地悪にあった気分でした^^; 同じMicrosoft系列のソフトなんだし、依存関係くらい把握しておいてくれ・・・Orz
[PR]

  by code_air_edge | 2006-07-24 13:37 | Linux関連

あれ?そういや繋がらなくなってたんだっけ…???

なんとはなしに、GaimではなくKopeteでMSNメッセンジャーを起動するか〜と思い立ち(こういうことは割とよく思いつく)、Kopeteを起動してみた。が、何故か接続しようとしない。原因不明。
そーいや最後にKopeteを起動したとき(もう結構前だなぁ)にも接続できなくなってしまっていたような…。Kopeteはもうkdenetworksに取り込まれてしまったから単体では追いかけるのを止めてしまっていたのだけれど、最新版を確認してみると0.12.0。現在使用しているKopeteのバージョンが0.11台だから何気にちょっと更新されてる。けれど更新履歴は主にバグ取りばかりでMSNに関する記述は無いんだよなぁ。
ってなわけでモノは試しに最新版のソースをDLしてきて、今ガリガリコンパイル中です。こいつをインストールしてMSNにログインできちゃったらそれはそれでどうなんだろうって感じなのですけれどね^^;
ネット上を彷徨ってみるもそれらしい記述はありませんし、ちょっと困りましたねぇ…。プロトコルが変わったにせよ、接続をしようとするアクションは見せていたというのに…。そもそもパスワードを要求されないということは接続しようとすらしてないのではないかと思うのですよね。ちょっと分からない…。
ま、コンパイルが終わってインストールできてから検証するとしますかね。
[PR]

  by code_air_edge | 2006-07-05 22:05 | Linux関連

なんじゃいそら

今日FedoraCore5の更新を行ったら、TeX関連のパッケージが更新されました。
FC5はなぜかTeX関連、特にdvi->PS or PDFへの変換プログラムが壊滅状態で、TeXユーザにとってとても残念な内容になっています。
で、それの更新パッケージが来たものだから改善されたのかなと思いきや変わってませんでしたOrz う〜ん、やっぱりtetexパッケージ関連では無くてghostscriptとかそこいらなのかなぁ。
一応PSファイルは作成できているので、それをファイルへ印刷という形にし、PDFで出力することでどうにかPDF出力を得ていますが、手間です。一発でPDF作りたいよぅ。
う〜ん、VMwarePlayerでVine動かしてPDF作ってもいいんだけどなぁ。それか玄箱にやらせるか…。あ、でも玄箱は今容量が一杯一杯か…。TeX環境はVineがほぼ最強だからなぁ。
VineをXenでインストールして動かせたらいいんだけどなぁ。dviviewはFC5のXに飛ばせばいいし。ってかdvipdfが実行したいだけだからそれだけを実行してPDFファイルを返すようなCGIか何か作ればいいのか。
また暇な時にやってみようっと。
[PR]

  by code_air_edge | 2006-06-29 00:32 | Linux関連

PCの自動起動について

以前の投稿で「勝手にPCが起動してしまう!」と書き、その後「原因はよく分からなかったけれどその一度きり起きなくなった」と書きました。
が、昨日発現しましたOrz で、一つの仮説を導き出しました。

ACPIが原因だと思う。

直接の原因はACPIだと思いますが、こいつが「悪い」という訳ではないと思っています。というのも、
ACPI+Windowsの再起動(失敗)+Linuxを起動&シャットダウン
の条件を満たしてしまった場合にLinuxをシャットダウンしても勝手に起動する、そう考えているからです。
うちのXP、なぜかものすごくシャットダウンに時間が掛かります。起動は問題ないんですが、シャットダウンは場合によっては5分程度掛かります。掛かりすぎだろう、と。
これは再起動の時も同様なんですよね。前なんてシャットダウン作業途中で凍結したようで、私の設定している電源設定に伴いサスペンドへ移行し、その後ハイバネーションへ移行したようでした(私はシャットダウンを確認することなく寝てました。シャットダウンにあまりに時間が掛かるのでいちいちシャットダウン完了を見届けることなく寝ることが多い)。
で、そんなことにも気付かずWindowsを起動すると「Windowsを再開します」という文字が。
「あれ?ハイバネーションで終了なんかしたっけ・・・?」
って思いながら起動画面を確認するとなんとシャットダウン中の文字が。
「は?」(ぽかーん)
としてしばらく呆然と眺めているとシャットダウンを完了しくさりやがりました。何のために起動したんだゴルァ!
とまぁ再起動にも時間が掛かるので、大体完了を待たずしてリセットボタンを押してしまいます(ぁ この後、Windowsを再起動し、そしてWindowsを(時間は掛かるにせよ)正常にシャットダウンもしくは再起動した場合、特に何の問題も起きません(あ、途中でリセットしても次回起動時にファイルチェックは発生しません。いいのかと聞かれると激しく微妙ですが^^;)。また、最初からLinuxを起動してシャットダウンor再起動した場合もやはり何の問題も発生しません。
ただ、上に示した条件を満たしてしまったとき、ACPIの再起動命令が消化されずに残っているのではないかと思うのです。そのため、Linuxでシャットダウンしてもその後勝手に起動するのではないか、と。
まぁあくまで仮説ですし、検証もしてませんしこんな仕様になってるわけねーだろばーかってことも大いに有り得るんですが、今のところこれくらいしか可能性思いつかないんですよねぇ。
つーかWindowsのシャットダウン時間掛かりすぎだよOrz Linuxのシャットダウンは問題な完了するんだし、ハードウェア的な問題ではないと思うんだよなぁ・・・。まったく、何が原因なんだか。Windowsはクリーンインストールしてからまだ半年程度しか経ってないぞ? ん?でもWindowsは半年でクリーンインストールするモノだと私に切々と語ってくれた人がいたような・・・。
ん~、やっぱそういうもんなの?^^;
[PR]

  by code_air_edge | 2006-06-27 01:04 | その他諸々

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE