タグ:ソフトウェア ( 43 ) タグの人気記事

 

Berylおもしろい

新PCにしたからか、はたまたX.Orgが更新されたからかは不明ですが、AIGLXを使ったBerylが非常に安定して動作してくれてます。そこでいろいろと設定したり試したりして遊んでたんですが、おもしろいですね!
3Dデスクトップでウィンドウのアニメーションがウネウネ動いたりデスクトップがぐりぐり動いたり画面上に雪が降ったり水面が広がったり・・・。
そんな効果に一体何の価値があるのか? まぁそう言われたら確かにその通り。
でも見た目にインパクトがあるのは確かですね。見た目かなり派手なエフェクトで動作するのでどれだけメモリとCPUリソースを喰うのかと思ったら、思いの外というよりも全然喰わないんですな。その代わりグラボは必須ですが。オンボードのVGAでも動きますが、やはり心許ない。
こういった遊び心というのは企業向けのPCであるとか業務用に使うPCには確かに不必要でしょう。が、一般向けのPCの機能としてはアピールポイントになるんじゃないかなと。
オブジェクトを3Dに配置できると言うことで、表現の幅が広がります。アプリケーションの作成側は創意工夫が必要となりますが、使う側はパッと見たときに見やすいUIを手に入れるチャンスが広がると言うことですね。今までファイラといえばエクスプローラで、ディレクトリがだだだ~っと並んでいるだけだったわけですが、これが近いうちに画面に3Dに散らばって扱えるようになるかも知れません。Wiiの写真管理ソフトがそんな感じでしたね(CMでちらっと見ただけなのでよく知りませんが^^;)。今までもそういった3Dにオブジェクトを配置して見せるソフトはありましたが、今後はそれがもっとやりやすくなるわけです。
WindowsVistaも3Dデスクトップを売りの一つとしていますが、Linuxが今提供しているCompizやBerylといったデスクトップマネージャはVistaが要求するシステム用件よりも遙かに軽いシステムで動作します。もちろん、多くの、あるいは複雑なエフェクトを実行させようとするとそこそこのパフォーマンスを要求しますが、機能を絞れば3000円で手に入るグラボでも動かせるくらいのソフトらしいんですね。 このあたり、選択肢が豊富にあるのはLinuxの強みでしょう(ただし不慣れな人にとっては選択肢が多いのは混乱の元にはなる)。
と、いうわけで今後はBerylをウィンドウマネージャとして常用していこうかと思います。あれはいいモノだ・・・(笑)
個人的なお気に入りエフェクトはウィンドウの生成時と終了時の炎のエフェクト。煙まで出たりしてなかなかのでき。ゲーム好きな私にはたまらないエフェクトですね(笑)
[PR]

  by code_air_edge | 2006-12-30 18:06 | Linux関連

Linuxの3Dデスクトップ事情

Linuxの3Dデスクトップ事情は大きく分けて2つ。1つはNovellの開発しているXgl。こちらはXサーバを全面的に書き換えてOpenGLに対応させる手法です。もう1つはFedoraの開発しているAiGLX。こちらはXのプラグインとして動作させる手法です。どちらも目指すところは変わりません(X上でOpenGLの機能を利用してベクトル描画をする)ので、両技術は競合するものでは無く、互いに互換性をある程度保っています。最終的には統合されるのかもしれません。
で、そのXgl、あるいはAiGLXで利用できるデスクトップ環境はCompizのみだったのですが(これをベースにGnomeやKDEを動かすことは出来る)、最近、このCompizプロジェクトからフォークしたBeryl(綴り間違ってないよ?)というプロジェクトがあるらしいということを@ITの記事で知りました。
BerylはCompizと同様XglやAiGLX上で動作し、GnomeやKDEを動作させることが出来ます。が、Compizと違い、機能をプラグインとして増やしていくことが出来たり、設定にGConfを使わないなどの特徴があります。
私はKDEをメインで使うユーザなので、設定にGConfを使わなくてよく、また最初からKDEへの設定が容易そうだったBerylはちょっと興味が湧きました。で、試してみることに。
@ITの記事ではFedora Extrasに採り入れられていないからリポジトリを追加しろということでしたが、今日確認したらばっちり取り込まれてました。おかげで何も苦労すること無くBerylと設定ツールをインストール完了。ぽちっとなっと試してみると、確かに3Dデスクトップ環境のできあがり! いや〜、やっぱデスクトップをぐりぐり動かす感覚ってインパクトありますよねぇ。 レスポンスも良好ですし、何より気持ちいいw
で、しばらくそのまま動かしていたんですが、数時間経過したらなぜかCPU100%喰ったまま制御が不安定になっちゃいました。Xorgが70%くらいCPUリソース持っていってたので、原因はおそらくBerylにあるのでしょうが・・・、理由が分かりませんでした。突然そうなったし、再現もできなかったので原因不明Orz 一回Xを再起動したけどまた100%リソース持っていかれちゃって、共通性が無かったから原因を突き止められなかったのよねぇ・・・;;
とりあえず今はBerylを使わないことで妥協してますが・・・、安定して動作さえすれば気持ちいいのでちょっと原因を調べてみないとなぁ。nVidiaのドライバのせいという可能性もあるにはあるんだけれど・・・、まぁちょっと調べてみよう。
とりあえずはFedoraJPの掲示板かな!?
[PR]

  by code_air_edge | 2006-11-27 00:35 | Linux関連

なるほどレスキュー用に1枚持っておこうかな

自分好みの緊急用ブートCDをつくろう! ~Bart's PE Builder~

へぇ、LiveCDと言えばLinuxやFreeBSDといった無料で手に入るOSだけかと思ってたけれど、Windowsでもできたんだ~、知らなかった。KnoppixとかでもWindowsのNTFSパーティションへアクセスできるからWindowsがトラブったときに大事なファイルをサルベージすることくらいはできたけれど、NTFS領域のエラーチェックとかはできなかったからなぁ(確かFAT領域ならばできる)。WindowsのLiveCDならそのあたりは余裕だろうし、緊急用に1枚作っておこうかしら^^
[PR]

  by code_air_edge | 2006-11-11 01:38 | その他諸々

あれ?

久々にネームカードを見てみるとコンポーネントが結構増えてますねぇ。まーそれでもあまり活用できていないのですが^^; 動画投稿はケータイムービーで気が向いたら試してみようかしら。友人の顔が映っていないモノで面白みのある動画となると難しいけれど・・・、まー機会があれば、ということで。
ところで、Last.fmに今聴いている音楽が全く反映されていないのですが・・・、ひょっとして日本語版のツール入れていないと反映されなくなったのかしら? 今までは英語版のツールでも反映されてたんだけどなぁ・・・。反映されなくなったのなら困りものだわ。逆に日本語版のツールで英語版のLast.fmには反映されるのかしら? そのあたりを確認して、両方登録されるなら日本語版を入れておくとしようかしら。英語版はラジオが聴けるから入れてるんだけど・・・、日本語版でもラジオ機能がついてくれたら入れるのに。
ま、もう少し様子を見ますかね。
[PR]

  by code_air_edge | 2006-10-21 17:23 | その他諸々

う~んむ、ちょっと痒いところに手が届いてないな^^;

今年も中間発表の時期がやってまいりました。私も十二分にテンパってるんですが、研究生のみんなも結構それなりにテンパってますねぇ^^;
まー当時の私を含め、大体の人が今回が初めてのまともな発表の場。みんな見知った顔とはいえ真剣にやるわけですからいくらかはやっぱり緊張しますね。
で、これまたやっぱり大抵の人がプレゼンをまともにしたことがないのでプレゼンの資料作りも手探り状態。レジュメはまー研究生は1枚だけなのでそれほど苦労もないでしょうが、スライドは結構みんな苦戦してますね。
で、修士では私だけ、学部生では3人か4人ほどだったかな? スライド作成にOpenOffice.orgを利用しています。私はこのソフトに特に不満はなかったんですが、どうも掘り下げてみるとちょっと痒いところに手が届かなかったり^^;
私たちは理系であることもあり、スライドに数式を入れることが多々あります。その際、OOoの数式エディタでもよいのですが、TeXの入力形式が扱えるOLEオブジェクト数式作成ツールのEquationMagick Liteを利用して数式を挿入しています。ただこいつがちょっとくせ者でして、EquationMagickで作成した数式、編集画面では綺麗に見えるくせにスライドショーモードにすると総和演算(Σ)等の記号が大幅にずれてしまってるんですよね・・・。原因不明^^; ずれないものもあるのでよく分かってません。EquationMagick自体は扱いやすいのですが、数式はOOo付属の数式エディタを使う方がよいようです・・・。あれもまぁTeXに入力形式は近いのであんまり違和感はないですが。ただ、サイズの変更がめんどくさいんですよねあいつ・・・。デフォルトで何故かサイズ保護が掛かっているのでそいつを解除してやらないといけない。しかも一度選択を解除するとまたサイズ保護が掛かっている始末・・・。あれなんとかでけんだろーか。後で調べとこ。
また、これは私が扱っていなかったため気付かなかったんですが、環境によってはサウンドなどのマルチメディアファイルの挿入ができないようです。MP3を挿入するのにプラグインがいる、というのは分からなくはないんですが、waveファイルを読み込めなかったのは謎。しかも私のPCに入れてあるOOoならば問題なく挿入できるあたり何が原因なのか不明・・・。環境依存ってのは原因の切り分けが難しいから嫌なんだよなぁ・・・。
さらにさらに、これは意外だったんですがSVG形式って読み込めないんですねぇデフォルトでは・・・^^;てっきり読み込めると思っていたのでgnuplotではき出したEPSファイルをSVGに変換してたんですが無駄足でしたOrz つーかEPSだって読み込めるのは読み込めるけれどプレビュー画像つきでなければ枠しか表示しないってどうよ!? PDFにエクスポートするか印刷したらきちんと表示されてるって、そりゃWriterならそれでえーじゃろーがImpressではあかんじゃねーかOrz スライドショーモードで表示されなかったら意味ないっての・・・。
ということで、仕方ないのでgnuplotからはき出したEPSをSVMというStarOfficeのベクトル形式データに変換しました。Viva Linux! pstoeditというソフトに出会わなければ今日無駄な時間を過ごしてしまうところだったぜ!(いや結構無駄な時間は過ごしてしまったのだけれどOrz) やっぱり結果のグラフなどはベクトルデータで欲しいですからねぇ。あんまりベクトル形式のファイルフォーマットを知らないのですが、できたらネイティブでSVGに対応して欲しいモノです。SVG吐き出せるんだから読み込みもサポートしてよねん。XMLだからメンドクサイのかな・・・。
しかし、私はLinux環境を持ってるのでいいですけどWin環境しかない場合はどうするんだろ・・・。Windows版のgnuplotでもWMF形式は吐き出せないはずだし・・・。まー探せば見つかるのかしら。メンドクサイから探さないけれど(笑)
う~ん、無料のソフトにケチつけるのはよろしくないけれど、まだちょっと痒いところに手が届いてない感じですなぁ。あと、まとめWiki的なサイトがあまり2.0に対応してなかったり^^; このあたりが整備されて情報が潤ってくるともっと普及すると思うのだけれどなぁ。惜しいところだ。
とはいえとても優秀なソフトには変わりないので(ちょっと起動遅いけど)、頑張って使い込んでいきましょうかね!
[PR]

  by code_air_edge | 2006-09-22 02:33 | その他諸々

Y!Widget日本版

Y!.co.jpからも正式にY!Widgetがリリースされました。まぁ.comの方のY!Widgetも日本語化はされており、メニューなどはきちんと日本語だったのでクライアントそのものに目新しい点はほぼない(と思う)のですが、その周辺がしっかりと日本語化されてました。
まずウィジェット配布サイト。以前は当然英語サイトだったわけですが、日本語サイトが用意されました。とは言ってもどうやらメニューを日本語化したとか言うことではなく、完全に日本オリジナルのものとしたようで、ウィジェットは共有していませんでした。なのでウィジェットが充実するまでは静観かもですね^^; 今のところ数はかなり少ないです。逆に言えばクリエイターの方はアピールチャンスかも。
また、ウィジェット作成者には朗報。Y!.comにて英語のリファレンスは公開されていましたが、Y!Widgetが日本語化されるにあたり、リファレンスも日本語化されてました。てっきり英語のリファレンスにリンクを張っているだけかと思いきやしっかり中身が日本語化されていてびっくり!英語の方のリファレンスはちょろっと読んだのですが、やっぱり日本人、断然日本語の方が読みやすいので暇なときに読んでみようかと思ってます。
まーY!Widget用のWidgetを作成できるほどのスキルは持ち合わせていないのですが、興味はありますしねぇ。中間発表終わったら読んでみるカー。
[PR]

  by code_air_edge | 2006-09-06 10:47 | その他諸々

ありゃ? アンチエイリアスが切れてる・・・?

この間、KDEをアップグレードした後くらいでしょうか、どうもフォントのアンチエイリアスが切れてしまっているらしいのですよね・・・。しかも一部のフォントのみ^^;
SansやMonospaceなどのフォントはアンチエイリアスがしっかり掛かって見やすいのですが、IPAモナーフォントやIPAフォント、さざなみフォントもアンチエイリアスが切れてしまっている始末。
まぁ文字化けを起こしている訳でもなく、とーふになっちゃっているわけでもないので使用上問題がある訳でもないのですが、なんかキモチワルイ(苦笑) はて、KDEのアンチエイリアスに関する設定項目に変更でもあったのかしら・・・?
ず〜〜〜〜〜〜っと前にアンチエイリアスに関する設定を追加した記憶はあるのだけれど、かれこれ数年前に一度やったっきりの作業なのでさすがに覚えて居らず・・・;; というかその追加した設定も小さいフォントのアンチエイリアスが無効になってしまうのでそれを回避するというような内容だったはずなので今回の事象とはあまり関係がない気もしますし・・・。
とりあえず分からないことだらけではあるのですが、実害はないのでそのまま使っていこうかなとは思います・・・。なんか微妙な感じではありますが^^;
フォントって結構大事やなぁ。
[PR]

  by code_air_edge | 2006-08-27 17:54 | Linux関連

おぉ、こりゃ便利だ

Firefoxの右肩には検索ウィンドウがあります。デフォルトでGoogleやYahoo!、Wikipediaなどがエンジンとして登録されており、なおかつ追加エンジンも色々と用意されており、簡単に追加できます。
が、もちろん用意されていない検索エンジン類も少なくありません。以前xiaoxiaさんがFirefox の検索バーにサイトを追加にて追加する方法を紹介されていますが、もっと簡単に追加する方法を見つけましたので紹介。
SearchEngineWizardというツールを使えば様々な検索エンジンを追加することが出来ます。って、norahさんがxiaoxiaさんの記事にコメントでスクリプトについて言及なされてますね^^; 今更になって気付くとは^^;
で、これをありがたく使わせていただきました。ローカルなサービス(大学図書館の検索とか)を簡単に行えるとあってすごく助かってます。あとはオンライン辞書サイトをいくつか追加しときました。GoogleToolBarも単語の上にマウスオーバーするだけで英単語の意味をポップアップしてくれるわけですが、英語の論文のPDFを見ているときなどはその機能が働きませんので、ささっと検索できるのは便利。ブックマークしておけばいいとも言えるのですが、それより早いし。検索結果が開くわけですからねぇ。
他の拡張機能と組み合わせれば非常に強力。もっと早く知っておくべきだったなぁ。
なんにせよNorahさんには感謝感謝。ありがたく活用させていただきます。
(NorahさんのところにもTBしようと思ったのですがTBを全面的に止めていらっしゃるようなのでこちらで紹介するにとどめます)
[PR]

  by code_air_edge | 2006-08-23 21:47 | その他諸々

お、いよいよリリースか

まだ英語版のみのようですが、MicrosoftのIdeaシリーズからOncareなるウイルス対策ソフトが無料でリリースされました。
これによりウイルス対策を無料で行うことが出来ます。もちろん大手ウイルス対策ソフトベンダーは反発(苦笑 そりゃ自身のOSのウイルス対策ソフトを自身が無料で公開しちゃうってそりゃ他のベンダーの反感は買いますわなぁ。下手すると何らかの法的措置が執られるのかも。
とりあえず今はWindows Live OneCareにてダウンロード&インストールすることが出来ます。まだ日本のLiveIdeasサイトからは飛ぶことが出来ませんのでご注意を。
ちょっと前に”更新料0円”のウイルス対策ソフトが頑張ってるって記事を投稿したわけですが、今度はMicrosoftがソフトそのものを無料で公開、とウイルス対策ソフト業界も動きが見え始めてきたのかも知れませんね。とはいえ自身のOSに対するウイルス対策ソフトを作っちゃうのはさすがにどうかと思うなぁ・・・。外に公開してないような情報ももちろんたくさんあるだろうから、他のベンダーよりもはるかに有利だろうし。
消費者としては品質の良い、反応速度の速いウイルス対策ソフトが手に入れば、どこがそれを作っていようとあまり気にしないでしょうけれど^^;
ヨーロッパあたりでは波紋を呼びそうですね。
なんにせよ、今は無料公開されてますから対策ソフトをインストールしてない人は試してみるのも良いかも知れません。
[PR]

  by code_air_edge | 2006-08-16 01:35 | その他諸々

Qtって扱いやすいなぁ・・・

QtというとC++のツールキットで、GUIに特化しているわけではないけれど、私が今まで触ってみたGUI用ツールキットの中で一番分かりやすいんだよなぁ。シグナル・スロットの関係がすごくすっきりしてる。
で、Windowsでは主に用いられるのはVC++かVB、あるいはVC#ってところでしょうか。MFCは残念ながら触ったことがないのですが、.NET Frameworkは私にはよく分かりませんでした^^; イベントにどんなモノがあるかを知らないので(大体の想像は付くし、インテリジェンスモードも付いてるけど)とっつきにくいというのもあったり。このあたりは慣れの問題もあるのかなぁ。
JavaのSWTはまだほとんど触っていないので何とも言えず^^; これもまた.NET Frameworkが扱えたら扱える気はする。というか普通はこういったコンポーネントを先に覚えるモノなのだよな・・・^^; 先にQtを覚えてしまったから他のとちょっと勝手が違うので戸惑ったり。
まぁ複雑なことをしないのであれば使うイベントも数が知れてるし、慣れていこうかな。DirectXとかだととてもじゃないけれど触れないけれど^^;
とりあえずは簡単なフロントエンドから作ってみようかな~。
[PR]

  by code_air_edge | 2006-08-13 01:20 | その他諸々

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE