カテゴリ:Linux関連( 147 )

 

FC520日に公開延期…

う〜ん、ちょっと公開が遅れてしまうらしいですねぇ。まぁギリギリ春休み…って思っていたら、20日って卒業旅行から帰って来る日じゃないですか!Orz いや〜大抵はフライングでダウンロードを始めて、鯖が混み合ってないうちに落としちゃうんですけど、今回はその手は通用しないようですねぇ…。まぁBitTorrentで集めますかね。どうもCDだと5枚になりそうな感じらしいですし。ん、あれは64bit版だっけか。まぁDVD版だと1枚なのでそれを落としてきて、HDDインストールで頑張りますかね。DVD焼けないし。HDDの方が早いだろうし(多分)。
ま、春休みの間にまったりインストール&設定でもしますかね。いろいろと新しくなってるということですし、トラブル続出な予感。さー戯れますかね(笑)
[PR]

  by code_air_edge | 2006-03-12 21:42 | Linux関連

な、なぜじゃぁぁぁ!!!

え〜、録り貯めていた動画ファイル約4GB分がふっ飛んで消えました(涙
原因不明。ちょっとこの動画ファイルたちがディスクを圧迫してきたため、NASにコピーしようとした所、日本語のファイル名がうまく扱えず(このあたりちょっと勉強不足だった)、失敗。ただ、まぁ失敗することもあるだろうと思って「カット」ではなく「コピー」を実行したというのに、気がつくと動画ファイルを保存していたディレクトリごと消え去ってました。他のディレクトリに影響がなかっただけマシですが、結構ショック…。
とりあえず、無謀かもしれませんがファイナルデータ復活を試してみます…。あぁ、音楽ファイルでなくてよかったぁ!!!(T^T)

※ 追記:
Vectorにあった「復元.exe」という復元ツール(無料)をダメ元で使ってみましたところ、幸運にも消えてしまったファイルが2件ヒット!本来は約20個ファイルがあるはずなんですが、とりあえずその2個のファイルの場所を調べてみてびっくり。1つは自分自身で削除したファイルでしたが、もう1つは”D:\.Trash-○○”(○○には私のLinuxでのユーザ名が入る)にあると言うのです。このディレクトリはいわばゴミ箱。Linuxでマウントされるディレクトリには自動的に作成されるものなんですが、まさかゴミ箱に捨てられていたとは正直驚きです・・・。Linuxでは”.”から始まるファイル(ディレクトリ)は隠しファイル(ディレクトリ)扱いになるので、探したときに見つからないのは仕方ないんですが・・・、Windowsの方でもちゃんと隠しファイル扱いになってたんですね^^; 知りませんでした(こら おかげでこんなところにあるとは思わず、隠しファイルを表示させて調べることはしておりませんでした。で、件のディレクトリの中を調べてみると、しっかり消え去ったと思った全動画ファイルが存在しておりました。
う~ん、Linuxで作業するときにGUIに頼ったのがたたったのかしら(ぉぃ ゴミ箱に捨てるなんて1度も実行しなかったんだけどなぁ・・・。というかファイルの移動すら行えなかったのに。Sambaのマウント時に日本語のオプションが有効になってないから日本語を含むファイル名は扱えないって事で元ファイルは触らないはずなんだけどなぁ。まぁちょっと調べておこう。
何はともあれファイルが戻ってヨカッタヨカッタ。ファイル復元ツールの作者様には感謝多謝!これ使ってなかったら絶対こんなところにあるなんて気づかないしな・・・Orz
[PR]

  by code_air_edge | 2006-03-12 01:56 | Linux関連

休みの日の過ごし方

これがまた私すこぶる下手でして^^; 出不精ということもあり、ほんっと予定がなければ昼過ぎまで寝て、後は部屋でだらだらと過ごします(苦笑) 随分と無駄な過ごし方やなぁとよく思う訳ですが、まぁ忙しい一週間のうち一日か二日くらいならいいかなとも思うんですよ。
でも、今は春休み。幸運にも特に学会発表の準備があるという訳でもなく、めっちゃ忙しいという訳でもないのでのんびり過ごしてます。逆に、休日そこまでだらだらと過ごしたいという感覚もないんですよね…。
で、ネタ探しにFedora Extrasのディレクトリを覗きに行っても(この時点でどこか間違えてる)特に目を引くパッケージは無し(正確には私の理解できるもの)。
で、ふと思い出したのが「FC5は3月リリース」。そういやいつだったかな〜と思ってチェックしてみると、3/15の予定らしい。なんだ、もうすぐじゃん♪
まぁ、毎度毎度リリース時期が近づくたびに「そろそろ新規で入れ直さないとな…」と思う訳ですが(今も十二分に不具合出てるMy環境)、ついつい面倒でやってないんですよね〜(苦笑) 今回もあまり新規で入れ直す気にはならなかったり。ま、amaroKの曲情報を保存しているデータベースを保存しておけばあとは割とyumでそろう代物なので問題ないんですけれどね、再インストールしても(homeは分けてあるし)。ついでに/varも分けておくべきだったかなぁ。そうすればデータベースもyum、aptのパッケージも残ったのに。ついでにrpmのデータベースも。今度PC組むときには分けてインストールすることにしよう。まぁ、いつになるか分からないけれど。
とりあえず、FC5に期待かな〜♪ どんなじゃじゃ馬がやって来るやら♪
[PR]

  by code_air_edge | 2006-03-05 23:32 | Linux関連

InitNGで高速ブートを試してみた

Linuxのブートプロセスを並列化し、高速化するInitNGというツールを昨日試してみました。レビューによると1分程度かかっていた起動が20秒程度に!とあったので興味あったんですが、結論から言うと微妙、ですねぇ^^;
起動時間は確実に早くなり、その点確かに効果絶大なのですが、いくつか私が起動デーモンに設定しているデーモンプロセスが起動に失敗していたのでそこは残念ですね。Vmwareはまぁいいとしても、ALSAサウンドモジュールがロード失敗って言うのはいただけないですしねぇ^^; 他の人のレビューではロードできているようなので、私の環境に依存した問題なのかも。軽く調べた程度では原因を追及できなかったので今回はスルー。まだ開発途上のアプリケーションと言うことでこれからさらなる進化の期待できるツールではあると思いました。
とりあえず、サウンドが鳴るようにさえなってくれれば後はそれほど問題のないデーモンかなー。サウンド周りだけ調べてみるか。
ほんっと、サウンド関係だけは運がないなぁ^^;
[PR]

  by code_air_edge | 2006-03-02 23:43 | Linux関連

ふと思い出して

私のサウンドカードは光出力に対応していて、スピーカセットはAC3/DTSデコーダ内蔵です。ってなわけで、パススルー出力に対応したソフトならばDVDなどをサラウンドで楽しめる訳なんですが、どうもLinuxで成功した例がないんですよね…。
で、ちょっと気合い入れて調べてみたんですが、やっぱり失敗…Orz
使ったプレイヤーはXineとMplayer、DVDはFinalFantasyVII ADVENT CHILDRENです。
Windowsではきちんとパススルーでサラウンドを楽しめることは確認済です。
Xine、Mplayerともにきちんとパススルー出力を行うように設定。で、再生をする訳なんですが、出力されるのは「ザザザザー」というノイズばかり;; どうも原因が分からないんですよねー。アンプのステータスランプにもAC3/DTSいずれも点灯しませんし…。ということはきちんとパススルー出力されていないということになってしまうんですよねぇ。
と、いうことは考えられるのはサウンドドライバの設定にAC3のパススルー設定がされていないのではないか、って可能性なのですが…、えっと、分かりませんでした(爆) sれているよーなされてないよーな、微妙な文献しか見つけられなかったんですよねぇ…。私が使っているサウンドカードがマイナーなものだからかもしれません^^; SoundBlaster Audigyシリーズとは言え、Audigy LSってのはかなーりマイナーなようなんですよねぇ…(苦笑)
LinuxでAC3/DTSサラウンドが聴ければわざわざDVDを観賞するときにWindowsを起動しなくて済むので非常に助かるのですが…、どうも私のスキル不足でそうはいかないようです。Linuxでパススルー出力に成功したという報告は結構転がっているので、実現できることのようなのですが、ちょっと分かりませんねぇ。
一応、M/Bのオンボードサウンドも光出力対応だったので、こっちを利用してみるという手もあるにはあるんですが、どうせなら自分で買ったサウンドボードで聴きたいので(笑)、もう少し調べてみようかと思います。
う〜ん、やっぱ音や画像周りは難しい!
[PR]

  by code_air_edge | 2006-02-27 01:37 | Linux関連

う~んむ分からぬ・・・

暇つぶしと言うか興味から、OpenPNEというソフトの設定に挑戦しています。
OpenPNEとはmixiライクなSNSを構築するソフトなのですが、当然のようにうちの玄箱程度で運用できる代物ではありません。なので、ほんと、どんなのかなーっていう興味本位と、まぁ実際か度させるにしても内々で使えたらいいな程度で構築に挑戦して来たのですが・・・、
構築できねぇOrz
サイトそのものは立ち上がるんですが、どうも文字化けが・・・。というのも、OpenPNEそのものはSJISで書かれているんですね(OpenPNE2からはUTF8になりますが、今はまだCVS版しかありません)。で、立ち上げようとしているサーバのMySQLはEUC-JP(UJIS)環境で動作しています。これが原因だろうと思ってはいたんですが、どうも分からなくなっちゃいましたOrz
インストールガイドに書いてあるとおりにMySQLの設定をして、実際正しく設定されたことも確認してOpenPNEのデータベースを構築しているのに、どうしても文字化けるんですよね・・・。玄箱のDebian上のMySQL4.1と自分のPCのVine上のMySQL4.0両方でためしたんですが文字化けは解決せずOrz う~ん、原因は何なのだろう・・・。文字化け以外はきちんと動作しているようですが、文字化けが発生している時点で使い物になりませんからねぇ・・・。投稿文がめちゃくちゃになるわけですし^^;
とまぁ2日ほど悩んでみたんですが解決策も見付からず。まだまだ勉強が足らんなぁ・・・。はっきりとした原因を絞り込めてないしなぁ。
ちょっと手に負えなかったり。まぁ趣味でやってるだけなのでできなくて困る事はないので気長にやりましょうかねぇ。
[PR]

  by code_air_edge | 2006-02-19 21:05 | Linux関連

wineでちょっと遊ぶ

ちょっと本屋でLinux系の雑誌を立ち読みした際、Wineがどうもβ版になってリリースされたとのこと。で、記事を読んでみるとちょっと使いやすくなってそう。
ってなわけで今日早速最新版をインストールして遊んでみました。で、結果なんですが、思ったよりいろいろとアプリケーションは動くようです。ただ、Windowsでしか動作せず、Linuxに代替アプリケーションがない、というようなものを思い付きませんでしたので^^;、それほど利用シーンは見出せないかもなぁと思っちゃいました(苦笑) VMware Playerも無償でリリースされている訳ですし。でもWindowsの環境が必要ない訳で、簡単なバイナリだけなら動作するので(意外と大きなアプリケーションも動いたりしますが)、Windowsじゃなきゃヤダ!!!という理由が無い人に取っては重宝するかも知れません。日本語も使えるようですし。もう少しいろいろと試す必要はありそうですが、意外なアプリケーションが動作するので今後も期待大ですね^^
[PR]

  by code_air_edge | 2006-02-07 01:44 | Linux関連

さらばaRts

おぉ、結構Linuxのネタは久々かも。たまたま今日気づいたのですが、amaroKでFLACが再生できない!!! amaroKはaRtsエンジンで動作させているのですが、そのaRtsのサポートするメディアタイプのなかにFLACがねえええええええ!!! 以前はサポートされていたんですがねぇ…。
で、ちょっと調べてみたんですがどう検索して良いかも良く分からなかったしKDE本家も見てみたけれどどこ探していいかよく分からなかったので潔く諦め、エンジンをGStreamerにしてデバイスをartsdsinkにしてみたんですが、なんでかこれまったく使いものにならないんですよね〜。音は鳴らないわ再生速度は異常に早いわで全く使いものになりません。KDEのシステムサウンドやGaimのサウンドの都合上aRts経由で鳴らしたかったんですが、ここは一念発起でaRts脱却をはかることに。
Gaimはサウンドを鳴らすアプリケーションをコマンドで指定できるので、aplayを指定。裏でALSAドライバを利用するサウンドプレーヤーはデフォルトでdmixを見に行くように設定してあるのでミキサー機能は問題無し。一応仮想ターミナル上でaplayにてwavファイルを再生し、その間にチャットで発言してサウンドが同時に鳴ってもミキサー機能が働いてきちんと再生されることを確認。さらに、amaroKはエンジンにGStreamerを指定し、そのデバイスにはalsasinkを指定。こうしてこちらもdmix経由できちんと再生できることを確認。GStreamerエンジンがFLACに対応しているのでFLACの再生も可能です(確かmp3にも対応していたので今度からamaroKでmp3も聞けるかな)。
残るシステムサウンドですが、これはwavとoggが混じっていたため両方に対応したプレーヤーがあればベストだったんですが、ちょっと手持ちのシステムには入っていなかったためOggで統一。
で、サウンド関連を統べてaRts非依存に置き換えまして、晴れてaRtsを脱却しました!
おかげでFirefoxでFlashのサウンドが聞けるようになったりといろいろと恩恵も預れるようになりましたね。ちょっとaRtsの調子が悪いこともありましたし…(というかamaroKではエンジンにaRtsは使わず、GStreamerを使うことを推奨してますし^^;)。
で、なんとはなしについでにグラボのドライバをカーネルに組み込んでみました。こっちは気紛れです(笑) 私は割とまめにパッケージ更新を行う人なので、カーネルの更新があればそれも更新しちゃうんですよね。そうするとグラフィックドライバも更新しなきゃいけないので手間っちゃー手間なんですけど、本家のドライバを当てておくとamaroKのビジュアライゼーションを楽しむことも出来る訳ですし、せっかく今日いろいろとシステムいじってるわけだからやっちまえーと思い付きでドライバ更新しちゃいました。結果は上々♪ libvisualの綺麗な3Dアニメーションが楽しめるようになりました。CPU使用率もドライバを更新する前は80%程度掛かっていたものがGPUが勝手にやってくれるおかげで12%程度に。いや〜満足満足。
とりあえず風邪が治ってテンションあがってたので勢いでいろいろとやっちゃいました(笑) 明日から元気に大学登校するぞ〜!
[PR]

  by code_air_edge | 2006-01-29 22:28 | Linux関連

あれれ?

大学の講座にて、OfficeスィートをOpenOffice.orgに移行しようかという話になり、人柱としてプレゼンの資料を作成し始めて約1週間。ある程度形にはなってたかなって感じです。
が、どうしてもOOoの形式からPPTの形式へ変換するとレイアウトが崩れたり、数式なんかがコンバートしきれません。が、プレゼンで使用するパソコンにOOoをインストールしてしまえば済むことなので(というかそうするんだし)そこは問題にならないですね。それとは逆に、PPTのファイルをOOoで開く場合ですが、こちらの方がレイアウトの崩れは小さいですね(当たり前か)。なので過去の先輩方のプレゼンファイルを閲覧するのに困ることはほぼなさそうです。レイアウトが崩れるとは言っても読めないレベルにまでぐちゃぐちゃになるわけでもないですから。
ただ、MS Officeを完全にOOoに移行できるかはまだ調べなければいけない事はありますね。プレゼンはPCを持ち込める場合なら問題ありませんが、持ち込めない場合は用意されたパソコンを使用することになり、そこにOOoが用意されていない、となると困ったことになります。一応、CDから起動するOOoもありますのでそれを利用する、という方法もあるのですが、あまり現実的ではありません。
さらに、レポートの提出などでWordファイルを提出しなくてはいけない場合、あるいはWordのテンプレートが公開されており、それに準拠するものでなければならない場合、OOoではレイアウトが正確に反映されない可能性があります。まだまだMS Officeがデファクトスタンダードですから、憂慮すべき事は少なくないですねぇ。
ま、今考えられる問題点を助手の方に報告して、後は細かい部分を詰めていくってところでしょうか。MS Officeに掛かるライセンス料がバカにならないって事でOOoの導入を検討している訳ですし、全面移行ではなく一部MS Officeを残し、OOoでは対応できない部分に利用するのが妥協点でしょうか。
OOo自体の出来は素晴らしいのですし、頑張ってほしいですね^^
[PR]

  by code_air_edge | 2006-01-18 01:46 | Linux関連

ぐぉ~HPのネタがねぇぇぇぇ!!!

HPというのはこっちのBlogではなくLinuxのTips集の方です。
いや~最近私のLinux環境も割と充実してきまして、あんまり新しいことに挑戦してないんですよね^^; おかげでネタがないっ!!! 64bitに挑戦したりもしましたけどまだまだ記事にできるほど内容を理解してないですし・・・。あ~、ATAからSATAに移行する際の手法でも書いてみようかな・・・。といったって、システムパーティションの含まれるHDDを換装するときにクリーンインストールしないでパーティションイメージコピーする人が私以外にどれだけいるかっていうのは疑問なんですけどね(笑)
できたらマルチメディア方面が書きたいんですけどねぇ。WindowsがなくてもLinuxだけで音楽聴いたり動画見たり、絵を描いたりHP作ったり~ってのが手軽にできますよっていうことを紹介したい。
ん、そういえばHTMLエディタは紹介してなかったな・・・。自分が使ってるやつを紹介するのもよいかもしれないな。学会がひと段落したらそのあたりを記事にまとめてみるかな。
さ~て、ネタが浮かんできたことだし、逃避してないでプレゼン用のスライドつくろうっと(笑)
[PR]

  by code_air_edge | 2006-01-15 01:26 | Linux関連

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE