友人宅にて

FC1の設定を手伝いに行ってきました。という名目の元遊びに行った、とも言えるんですが(笑)
実際何を行ったかと言うと、wineをインストール、SuperKarambaをインストール、そしてATOKのインストールです。ATOKがやはり一番の曲者でしたね。まずロケールをeuc-jpからutf-8に変更しなくてはならず、さらにさらにOOoで使うためにさらに環境変数の設定と結構たくさんありました。
それでもなにはともあれ無事全ての設定がうまく行きまして、友人のPCも快調に動いております。新規でインストールしたと言うこともあってあまりトラブルもなく行けたみたいです。
RHからのアップグレードを考えておられる方、あまりお薦めしません。私は失敗だったなと思ってます。ロケールが違うのでファイルは文字化けしちゃうわフォントは変更になってるわgdmが起動しないわともー大変です。
常に最新を追っかけるつもりなんて毛頭ないぜ! と仰る方は、RHの続行を強く勧めます。 あ、でもカーネルとかはこまめにアップグレードした方がいいかも。セキュリティホールをそのまま放置するのは怖いですしね。
[PR]

  by code_air_edge | 2004-03-21 21:06 | Linux関連

<< 携帯でTV RedHatやFedoraのm... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE