最近話題のOpenOffice.org

このところOpenOffice.org(OOo)がメディアで取り上げられることが多くなって来ました。
無料で使えるMSOfficeとも互換性のあるOfficeスイート、と言うことで世間の注目を集めたのでしょう。
私もこれLinuxにインストールして使ってます。使い勝手はと言うと、かなりいい感じです。
今現在最新版は1.1ですが、それよりも前のバージョン(具体的には1.0.1のあたり)では、今とは
ちょっと雰囲気は違っていました。OOo1.0.1の頃からこのソフトはMSOfficeのファイルを
読み込むことが出来る無料のツールとしてPCマガジンなどでは取り上げられることもあったのですが、
今程の注目は浴びていませんでした。それは何故かと言うと、私も使っていたので思っていたのですが、
それほど互換性が無かった、の一言に尽きると思います。MSWordのファイルは比較的うまく
読み込んでくれていたのですが、MSExelにいたってはかなり厳しかったですね。Windowsと
Linuxという文字コードの違いやフォントの違いなどもあるにはあったのですが、グラフなどは
ほとんど再現できていませんでした。
それが有志の方々によって改良が進められ、1.1となって出てきてみるとどうでしょう。
出た当初は「まぁ、そこまで大差無いだろうけど」と思って起動してみたのですが、いざ
MSExelのファイルを開いてみてビックリ!かなり再現度が高いんです!そりゃフォントは
同じものが無いので置換しているため若干改行位置が狂って来たりしてはいますが、
そんなのは誤差の範囲です。MSWordにしても絵の入った文書などは結構レイアウトが
むちゃくちゃになってたのですがそれも解消されていました。私は大学生で、レポートを書く機会も
多いのですが、何せLinuxメインで生活しているので友人と協力してお互いにレポートを
見せ合いながらやっていこうにも、みんなMSWordなので見ることが出来ないのです。
それがOOo1.1がリリースされてからはその憂鬱もなくなりますね。
おまけにPDF出力機能まで付いて無料なんですから、やっぱりオープンソースの力は
すごいなぁと感じてしまいますね。プラグインもいろいろと公開している方が居られて、
私はCal2LaTeXを利用させて頂いてます。表計算ソフトで作った表をLaTeX形式に変換する
プラグインです。
OOoはWindows版も出ています。こちらの方はフォントの変更なども必要ないですし、
無料なので試しに使ってみてもいいかも知れません。そのMSOfficeとの遜色の無さに
驚かれること請け合いです!
[PR]

  by code_air_edge | 2004-03-13 15:10 | Linux関連

<< PDA備忘録 あれ?Mozillaが… >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE