これはうれしい人も多いかも

MSとヤフーが提携へ 人気のIM分野で
どうやら近い将来、Y!MessengerとMSN Messengerのユーザが相互にチャットをすることができるようになるらしいです。複数のチャットクライアントを1つのソフトでサポートしているアプリケーションはいくつかありますが、異なるIMサービス同士が相互にメッセージを送ることはできませんでした(できるものもあったりするのですが)。それができるようになるというのはユーザからするとメリット大きいですよねぇ。
私は今まで知らなかったのですが、IM分野でトップのシェアを誇るのはAOLなのだそうですね。56%かそこいらで半分を超えているのだとか。残るシェアをMSとY!の大部分が占めているわけですから、この2社が協力することになるとAOLにとっては脅威でしょうね。
MSNメッセンジャーは経由する中央サーバのドメインは1つだけだったと思うので(サーバ自体はミラーリングされてて分散されているかもしれないけれど)日本でも割と早く対応できると思うのですが、Y!Japanに関してはY!メッセンジャーの経由するサーバが日本のみ世界と別だった(はず)ので、日本でY!メッセンジャーとMSN Messengerが相互にやりとりをするのは少し遅れるのかな、という気はしています。
まぁ何はともあれ、ひとつの垣根がなくなりつつあることはありがたいことです。これで新しく友達が増えるかな???
[PR]

  by code_air_edge | 2005-10-13 11:05 | その他諸々

<< 地図の表記は国際情勢を表す そこを曲げるというのはいかがな... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE