次世代ゲーム機の対象年齢って一体…?

東京ゲームショウが開幕し、次世代ゲーム機であるPS3やXbox360、Revolutionの話題が賑やかになってきましたね。
どのハードも機能の高さが売りで、ゲームのみと言わず様々な面でメディアの性能の高さを謳っています。
しかし、それに比例して(?)、お値段も結構高くなりそうです。PS3でもそうなのでしょうが、Xbox360ではかなりハイビジョンな映像を出力できるということで、ゲームの質を最大限まで引き出すためにはそれなりの設備が必要になってきそうですね(苦笑) もうハイビジョンな液晶なりプラズマなりのテレビは家庭に必要なモノとなってきているんでしょうかねぇ?^^;
こうなってくるともうほんとゲームって言うのは「おもちゃ」ではなく「エンターテイメント」と言えるのかもしれないですね。ハイビジョンなテレビを用意し、5.1chなどのホームシアターを用意し、次世代ゲーム機でもってゲームを楽しむ。いや〜、セレブリティですね(笑)
無論、技術の進歩はこういった娯楽から生まれるモノも多くあるかとは思います。しかし、今あるものの性能をさらに引き出すということも大事なんじゃないかなぁと思うことも多々あるのですよ。PS2やXboxって、まだまだ性能を引き出すことが出来るんじゃないでしょうか。FFXIIだってPS2での発売ですが、FFXよりもさらに素晴らしいCGのクオリティです。もうほとんどのメーカーがこれくらいの質のCGゲームを開発でき、市場に浸透しだしてから、次のステップへ踏み出しても良いのでは無いでしょうか?スーパーファミコンからPSへと移行した時、スーパーファミコンのゲームの画質というともうどのメーカーも同程度だったように思います。けれど、PS2にはまだ引き出せる力が残っている気がするのです。スクエニのFFシリーズ、コーエーの三国無双シリーズなどは美しいCGが特徴ですが、ことCGに関してはまだまだ綺麗にできると思えてなりません。
ソースを失念してしまったのですが、PS2はゲーム作成の為に必要な言語がアセンブラに近く、開発は結構難しいそうです。対してPS3ではCライクな開発言語を用意するということで開発側にもかなりメリットがあるそうです。PS3ではPS2やPSのゲームも互換を持つということでこのあたりはさすがソニーだなといった感じですが、やはりそのハードの値段は気になります。BDが見られる媒体として、さらにゲームも出来る媒体としての値段と考えると安いのでしょうが…^^;いつ頃PS3に市場がスイッチしていくんでしょうねぇ。もうしばらく、PS2で頑張ってほしいものです。
ハードの性能が上がると値段も上がる。分かっちゃいることですけど、趣味にはお金が掛かりますねぇ(苦笑)
[PR]

  by code_air_edge | 2005-09-17 21:32 | その他諸々

<< 試してみたい、でもDVD・・・Orz Firefox日本語版でTab... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE