Firefox日本語版でTabBrowserPreferencesをお使いの方へ

Firefox日本語版、あるいはFirefox英語版に日本語言語パックを導入している方で、TabBrowserPreferencesを利用している方への投稿です。同じ症状に見舞われた方は試していただきたいと思います。
つい先日、TabBrowserPreferences(以下TBP)が更新され、Firefox更新ウィザードが赤く表示されておりました。そこでTBPを更新したところ、どうもエラーが発生してしまっているようなのです。ブラウザ画面の下部に赤文字でなにやらエラーメッセージが。どうやらTBPのインストールには成功したものの反映はうまくいかなかったようです。
仕方ないのでツール->拡張機能にてTBPを無効にし(あるいはアンインストールし)難を逃れていたのですが、調べていてなんとか(暫定的ではありますが)TBPを導入する方法が分かりましたのでお知らせします。
今回TBPのインストールが成功しているように見えるにもかかわらずエラーが発生する理由というのは、TBPが対応している言語圏に日本語が含まれていなかったからです(TBPの本家に行ってみると日本語も対応しているような感じのことが書いてあったり翻訳に協力した方のHNも書いてあったりしたのですが・・・)。
泥臭い修正方法ではありますが、TBPの機能そのものは使えるようになったので困っている方がいれば試してみてください(これでうまくいかなかったとしても当方では責任を負いかねます。ご自身の判断で実行されるようお願いします)。
まず、TBPの本家やFirefoxの拡張機能配布サイトなどでTBPのxpiファイルをダウンロードします(リンクを右クリックして対象を保存してください。そのままクリックすると拡張をインストールしようとしてしまうと思います)。その後、ダウンロードしたファイルの拡張子をxpiからzipに変更します(「拡張子を変更すると~」という警告がWindowsなら出ますが、問題ありません。「はい」を選んでください)。そしてそのzipファイルを展開します。すると中にいくつかのファイルとディレクトリが存在していることが確認できると思います。その中のchormeというディレクトリの中にあるtabprefs.jarというファイルの拡張子をこれまたzipに変更し、展開します。その中にあるcontentディレクトリ内のtabprefsディレクトリ内にあるcontents.rdfファイルを編集します。そのファイル内の en-US という文字列を全て ja-JP に置換します。とりあえずはこれだけで大丈夫です。そして再びcontent、locale、skinディレクトリを1つのzipファイルにまとめ、そのファイル名をtabprefs.jarに変更します。そしてさらにその2つ上の階層にあるchrome、defaults等のディレクトリとファイル群を1つのzipファイルにまとめ、ファイル名をtabprefs_1.2.8x.xpiなどに変更すれば完了です。後はそのxpiファイルをブラウザの画面上にD&Dし、インストールでき、起動時にエラーが発生しなければ成功です。設定のメニューや内容が日本語ではありませんが、機能そのものは問題なく使えます。
どこかに日本語版が存在するということも見かけたのですが探すことができなかったので、暫定的に利用したい場合は試してみてはいかがでしょうか?
[PR]

  by code_air_edge | 2005-09-16 12:06 | その他諸々

<< 次世代ゲーム機の対象年齢って一体…? 朝日新聞記者による記事捏造事件... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE