そのCMの手法はこれから増えてきそう

私、ほっとんどテレビドラマなんて見ないんですけど、今日たまたま深夜枠のドラマを見てました。歯を磨きに台所へ行き、テレビを付けたらちょうどドラマが始まる所でして、そのままずるずると見てたって感じですね。いや、途中からは真剣に見てましたね。
ドラマが始まる前に、プレゼントのお知らせがあったんです。『今から始まるドラマの仲で出てくる5つのアイテムを探してください。』って感じだったかな?プレゼントの応募方法は番組の最後にお知らせします〜ってやつです。
「ん〜5つのアイテムなんて、それがどれかなんて分かるんかしら???」
なんて思ったんですよ。だって、ドラマには種々様々なアイテムが登場するじゃないですか。そんなのいちいちチェックしてらんないしなーって感じです。一応、プレゼントの内容からどの企業のアイテムかという想像は出来ましたけどね。プレゼントが車であるとか、商品券、メーカー特製USBメモリとかだったので(笑)
んで、ドラマのスタート。実の所、この時点では別に見るつもりなかったんですよね。深夜枠のドラマって確かに若手中心のキャストで斬新なシナリオ用意してたりしますけど、私どちらかというと俳優陣は若手よりもベテランが好きな人なので(苦笑)
ただ、キャスト紹介で真鍋かをりさんの名前があったので興味湧いて見ることにしちゃいました(ぁ いや〜私結構真鍋さん好きなんですよ。でも彼女の出ているドラマって見た事なかったんで、せっかくだから見てみようということで。
で、ドラマを見始めたんですが、これがまた結構面白い。開始10分で引き込まれちゃいました。キャストは深夜枠だけあって(?)若手中心だったのですが、登場人物に実に良くあったキャスティングで、すごく自然に見れました。シナリオも全体を通してよくできていて、すごく良かったです。
ドラマのプレスリリース: 「moon」
他にも、私にとって驚くべき所がありました。この投稿のタイトルにも使った、CMに関する話です。このドラマは関西テレビの放送だったので、もちろんCMが入ります。でも、CMが入ってもドラマは中断しないんです。とはいっても、高校野球のCMのように右下とかにちっちゃく出ている訳でもない。商品の紹介は画面全体を使ってばっちりコマーシャルしてます。
…分かりました? えぇ、そうなんです。CMとドラマが一体化してるんです。例えば、主人公が彼女にコンビニで食べ物を買ってくるシーンがあるんですが、それがCMになってました。画面の上下に枠が入り、CMであることを知らせます。ただ、ドラマのワンシーンなのでCMの登場人物は主人公です。主人公はコンビニであるローソンへ出かけ、そこで(ほんとに)からあげクンを買って帰ります。帰る途中につまみ食いとかしたりして、「うまい」なんて言っちゃったりしますけど、そこが確かにちょっと不自然っちゃー不自然ですけど、許容できる範囲かな。
この手法を使うと、見る側はドラマが中断されないので見やすいと思いますし、メーカー側はCMスキップされる事が減り、なおかつ必ず見てもらえるというメリットが生まれます。デメリットはそのドラマでしか使えないといった所でしょうか。
私としては、この手法は気に入りました。やっぱり、ドラマを見ていてCMが入るとそこでついチャンネルを変えちゃうんですよね。その点、今回の手法だとドラマの延長としてCMが入ってますから、チャンネルを変える必要がない。最近はDVD録画プレーヤーなんかでCMスキップが発達してきまして、CMを提供するメーカーなんかは少なからず打撃を受けていたようですし、今回の手法がちらほらと見られるようになるんじゃないかなと思ってます。CMは見てもらってナンボですしね。
いや〜滅多に見ないドラマのシナリオが良くできていて、しかも面白いCM手法も見ることが出来たなんて、なんかラッキーです♪ たまにはドラマを見るのもいいかも!?
[PR]

  by code_air_edge | 2005-08-12 02:24 | その他諸々

<< 今日初めて美容院行ってきました 世間話こそ最強の連想ゲーム。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE