あのね、あなたたちは「採点される側」

つい先日、先輩がTA(Teaching Assistant)を行っている授業で出た課題のチェックを行っていました。内容はネチケットについて。情報リテラシーの授業なので、Wordの使いかたに慣れよう!ってわけで、Wordの装飾機能をふんだんに使ってレポートを提出するように、という課題だったそうです。でもって、採点基準は『装飾が凝っているか』『参考URIのパクリではないか』というものだそうです。
んで、ほとんどの子は色々と凝った装飾を頑張ってくれているのですが、一部には(ほんの一部ですが)参考URIをパクっちゃってたり、語尾を変えただけ、というのもありました。
ただ、居たんですよねぇ、まだ自分の立場が分かっていない人が。

参考URI:http://www.google.co.jp等

HAHAHA ! 中々やってくれるじゃないの。んじゃ、言えるんだよね?
そのページのどこを参考にしたのかを詳細に。

まぁ、1年の授業ですし、言っちゃ悪いですが遊びみたいな授業なのでそこまできついことは言わないでしょうが…、まだまだ自分の立場を勘違いしている(というか分かってない)みたいですねぇ。
自分を正しく評価してほしいのなら、やはり相手に分かってもらう努力をしないといけないんですから。このレポートを出してきた子の将来が少し心配になっちゃいました(苦笑)
相手に自分を売り込むって、ほんとは難しいことなんだけどなぁ。手抜きで出したって、損するのは自分だよ?
[PR]

  by code_air_edge | 2005-05-25 19:48 | その他諸々

<< 意外とスピード解決? ちょっとめずらしいインストール... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE