夜中急に

昨晩、自分のHPを更新していたんです。記事をぱちぱち書いて、必要なものをアップロード。そこで、ふと思ったんです。
私は過去に一度HDDがクラッシュした事があります。その際、ローカルに保存していたHPのファイルが全部消えちゃってるんですね。で、サーバにアップロードしているファイル群をローカルにコピーしてきているのですが、このときなんの手違いか、パーミッションが『777』になっちゃってるんですよね^^; まぁ、さして問題もなかったのですが、ずっと気にはなっていました。で、昨晩とりあえずパーミッションを変更して、『744』に修正してやろうということで、不精しましてGUIのFTPクライアントでパーミッションを変更していたんです。
すると、3つめか4つめのファイルのパーミッションを変更しようとした時に異変が起きました。いきなり、自分の作成したファイルなのに『ファイルのパーミッションを変更する権限がありません』といった内容のエラーが。
「おいおいおい、俺の作ったファイルで権限がないもへったくれもないやろうに…。」
とは思いつつ、不精した事を反省し(苦笑)、端末からパーミッションを変更しようとして、事態が思った以上に深刻であることに気づきました。なんと、自分のホームディレクトリ内を『ls』コマンドにて参照しようとしても、パーミッションが無いと拒否されたんです。ましてや、『cd』コマンドでホームディレクトリに入ることすら許されない…(;_;)
「おいおいおいおいおいおいおいおい、ちょっとこれはまずくねぇか!?」
この時点で夜の1時前。正直、こんな時間にトラブってくれるなよと怨みつつ、Alt+Ctrl+F1にて仮想端末に切替え、こちらからログインしてみることに。結果は変わらず、やはり私は自分のホームディレクトリに入ることができません。誰でも入れるディレクトリには移動できるんです。また、ディレクトリが壊れているのかマウントされていないのかも(私のパーティション構成では、/homeディレクトリは/ディレクトリと違うパーティション構成になっている)と思い、rootで『cd』してみたところあっさり成功。中にあるファイルも正常です。
私はますます混乱しました…。もう何が原因か分からない。。。
仕方がないので、一度再起動し、元に戻っていることを祈ってみました。
……戻っている訳もありませんでした…。
こうなったらとKnoppixを取り出し、ディスクのチェック&エラー回復処理を実行。その途中で私は息絶えて眠ってしまいました…zzZ
そして今朝目覚め、ディスクチェックの結果を確認したところ異常はなく回復処理もなし。それはそれで嬉しかったのですが、ちょっと切ない(苦笑) 結局、HDDの不調のためではなかったのですから。
仕方ないのでFedoraをランレベル3で起動し、自分自身のユーザIDとhomeディレクトリのID情報に相違が無いかを調べてみました。幸か不幸か、相違はありませんでした。
んじゃなんで自分のディレクトリに入れないんだよ!!!と困惑している中、ようやく他のユーザのホームディレクトリと自分のホームディレクトリの違いを発見。
なんと、私のホームディレクトリのパーミッションが、『600』になっていたのです!!! 本来は『700』になっていないといけません。。。すぐにパーミッションを『700』に戻したところ、無事自分のホームディレクトリに入ることができました^^
今回どうしてこのような事態になってしまったのかは不明ですが、いい勉強になりました。ディレクトリに実行権限があたえられていないと『cd』で移動することさえできなくなるとは知る由もなかったので^^;
とはいえ本気で再インストールも考えましたからね…、恐かった恐かった。
でも、なんとか復旧できてよかった…。トラブルで始まる私の連休なのでした(苦笑)
[PR]

  by code_air_edge | 2005-05-03 07:40 | Linux関連

<< ウイルスバスターの事もあったので 立体視に挑戦 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE